人気ブログランキング |

<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

黒鍵を弾いていない指は?

前回の続き...がこんなにあいてしまい、すみませんー!!
(...お待ち下さっていた方が、万一、いらしたら...^^;)

例えば
【2の指で黒鍵を弾く。その他の指は何も打鍵しない】
とします。
(この時の2の難しさについては前回記事をご覧ください)

その時、1、3、4、5指は
何も起きないかというと
決してそんなことはなく、これが非常に悩ましい問題ですが、

「2のようには上らないように、打鍵しないように」します。

もちろん、無意識です。

つまり無意識下での脳では、
「2は黒鍵へ上がる。アンド、他の指は上がってはならない!
という指令が出ているのです。
(2が白鍵の場合は「打鍵してはならない」で似ていますね)

モロに4や5が指がたつ場合もありますが、
そんな風に立つまではいかなくても、

「上らない、打鍵しない」となると、
つられないように努力するのです。

努力。。。

なので、力みます(T T)

例えば、
2・3間の、
掌や手の甲の筋肉
2・3間の、水かきみたいな部分
3の第二関節
4の横っ腹部分
1の第二関節周辺

など、など。上らまいとするための力みととらえられると思います。

(※肘や手首の筋肉は黒鍵のせいというより基本の力みとしてとらえ、
ここでは挙げませんでした)

細分化して深層の筋肉まで注意深く観察すると
本当にわずかでも、力が入っているのです。
(私や生徒さんの場合)



じゃぁどんな感じを目指すか?というと

「熟睡しているときくらい弛緩した手の状態から、
2の指だけをすう〜っと2センチくらいあげ、おろす。
このとき、2の他の指は、
”熟睡中みたいな弛緩”をキープする
です。

黒鍵を弾く指の問題に意識がいっている生徒さんに
その他の指のことをお話すると、
「なぬ...」という空気を感じることが多いです。
(慣れた生徒さんなら、あぁそのパターンきたか...な感じですが/笑)

弾きにくいとき、
どこのせいで、どう、いつから、弾きにくいのか。
よかったら、宝探しみたいな感覚で探してみてください(^^)

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2016-10-20 22:22 | 脱力 (レッスン、自分)