人気ブログランキング |

<   2013年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

エラール展示付きの「カイユボット展」

なんだか12月の疲れがちっとも抜けない! もーいっぱいいっぱいだわよー!!
という訳で、リセットと感受?のために、
カイユボット展(ブリヂストン美術館)」に行って参りました。
・・・展示最終日でした。またも間に合ってない記事でごめんなさい。

カイユボット氏は
「モネ、ルノワール、ドガらとともに印象派の興隆を支えた同派を代表する画家です。」
なんだそうです。またも予習無しに行ってしまいました。

フランスの印象派(でくくって良いのかちょっと疑問もあるのですが)の空気を
胸いっぱいに吸い込んできました(>▽<)

ちょっとどんよりした当時の空気や倦怠感を感じました。
と、それに対して後世の風景画の美しい反射との対比がとっても印象的で、
同じ人とは思えない変化です。

どこもかしこも緻密な筆運びに、
才能ある方の妥協ない仕事をじーーーーっくりと拝見しました。
絵画は、音楽と違って静止しているので、
じっくり細部を鑑賞し、心意気?を勉強できるのも良いなと思います。

展示を見て回っていて、目にドンと飛び込んだのがエラール社のピアノでございます。
国音の聴講に通っていたころ〜出産まではまぁまぁのペースでお目にかかっていましたが
ひっさしぶりです! わーい!

展示されている理由は、エラール社のピアノを弾いている情景を描いた絵の展示があったからです。
絵のピアノは、これですよ、という訳で。
う〜ん、素晴らしい演出です!

イヤホンガイドのBGMも、エラールのピアノの演奏で、ドビュッシー。
ん〜、こだわった演出です!

は〜 美術館は生き返るなぁ〜!!!

*オマケ*
カイユボットの後の、古代展示の常設?ブースで見た
ローマやらエジプトやらの展示に、以前より「おぉっ!!」と思いました。
特にローマのモザイク壁画は、最近見たDVDや本と同じ(当たり前ですが)で感激です!!!

美術館に行くといつも、メインでない展示のところで嬉しい出会いがあって、
それも楽しみのひとつです(^^)

*その後の収穫*
美術館を出るとすごく頭がスッキリしていて、
久しぶりに静かな珈琲屋さんで自分の中に集中できました。
脱力について90分くらいじっくり潜ることができて・・・
新たに発見がありました。イエイ!


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-12-30 01:33 | 演奏会、CD、動画、映画

自転車で左右手首の違い発覚

昨日、左手のことを考えながら自転車に乗っていて、はた!と気付きました。

手首、がっ?!!
右の方が、スカスカしてる!!

自転車でまっすぐ走っているだけのとき、
手はぎゅーぎゅーハンドルを握るわけではなく、添えてる感じです。
その状態での手首が、左右でちょぴっと違うぞ、と気付きました。


んじゃ、カーブは?と試すと・・・
右はその添えた感じのままカーブするだけですが、
左は、何だか手首にすーっと筋肉を使っていました。

なにそれー!!と自転車こぎながら、独り言です(^^;)

それで、抜こう抜こうとするのですが、どーにもスルっと抜けません。
とりあえず、そのまま気にしてたら事故しそうなので切り上げました。

いえもちろん、普通に自転車乗るだけならこれで十分です(笑)。
左は、硬いというよりも、日常生活レベルの脱力しかできていない、という感じです。
でも、ピアノとなると、この筋肉の収縮が邪魔しているのは明らかでした。
弾いていて何か邪魔だな、と感じる感覚と同じものでした。

そして、また、「はた」と。
パソコンのキーボードも、手首だっ!!

前から「何か変だなぁ」と思っていた、パソコンのキーボード打つときの左右の違い。
左の方がずっしり重い感じがするなぁ、とずっと思っていました。

「ずっしり重い」のではなく、
「手首を机上に乗せないと指の脱力がキープできなくて、
手首が机上に乗っている。そのくせ、手首がかたい」のでした。
右は、手首が机上から浮いていても脱力して打てています。
脱力ができるのと、そのための、筋力もあるから。


当然、机の上にポトンと置いただけでも、幽霊みたいな手をしても、左右で違います。
左は何をしても、手首が、というか筋肉がどこかできゅっとなっているのがわかります。

これは、今までのパターンからして・・・と試したところ・・・やっぱり。

何もしていなくても、立って手をだらんと下げても、左手首は解放されてないのですね〜。
なんというか、手首が詰まっている感じ。
※脱力状態というのは、「ラクにしたり、寝転がったりしたら作れるもの」ではないと思うようになりました。長くなるのでまた改めて・・・。


そっと動かしながらじーっと筋肉を感じていて、
「これ、手首っていうか、肘のあたり・・・?」と思って調べてみたら、
手首を動かす筋肉は肘付近にあるんだそうです。あ、そういうことか。

それで意識を変えて動かしていたら・・・あっ、きたきた!

これができたら、パソコンキーボードも自転車も、ラクにできるようになりました(≧▽≦)
不思議です。ほんとーーーーに不思議です。あぁ、ちゃんと勉強したい!

習慣化して、筋肉つけて維持できるようになって、演奏につなげよう! 楽しみっ!!!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-12-28 11:01 | 脱力 (レッスン、自分)

トホホに満ちた2013年。

今年は、1月に左手を傷めてから自分の手に向き合い続けた年でした。

あれもできてない、これもなってない・・・あまつさえこっちも?!
と、出るわ出るわ、芋づる式です。大小合わせると、数えきれません。
(現在もお芋掘り継続中です。)

あくまでも、基本的は「変われるぞ!」と夢と希望のある作業で、
”できないことはできるようになること”とプラス思考で、トホホに「(苦笑)」が付く感じです。

↑ご心配をおかけしちゃいそうなので太字にしてみました( ̄∇ ̄)

でも、心身の調子がよくないときはこれが
「自分の欠点を掘り起こし、これまでの蓄積を否定し、
出来ない事をひたすら自分の顔面に突きつける作業」になってしまいます。
何度か落ち込みました。

そんな時に私を支えてくれたのがレッスンでした。

私がトホホを経験するごとに、レッスンが深くなりました。
自分の手指で変化を実験し、感覚を噛みしめてやったことは
お伝えしやすく、生徒さんに合わせて言い換えしやすく、
理解してもらいやすく、夢と希望を感じてもらいやすいです。

生徒さんの「できないよ!」に共感できます。
「私もできなかったけど、これを数日やったら変わりましたよ」とお話できます。

子供の生徒さんに、脱力のための基礎体操みたいなのをお話していて
「そんなことできるようになるかなぁ(ーー;)」になった時に

「わかるよ。こんなん絶対無理って感じだよね。先生も、そうだった!
でも、1週間やってると意外とできるようになってくるの。
できるようになっちゃえば、なんでできなかったのか不思議なくらいになるんだよ。」
と話すと、表情が変わります。そんならやってみようかな、と思ってくれます。

そうやって生徒さんと共有できる喜びが、
落ち込んで、講師としての自信を失っている時の何よりの力になります。

生徒さんに
「考えながらやってれば絶対に変われるよ。そしてね、やんなきゃ変われないんだ。」
と話す時、自分に向けても言っています。

2013年は、かけがえのないトホホとエヘヘに満ちた、お芋掘りイヤーになりました。
10年後に振り返ったら、ターニングポイントになっていそうな気がします。

2014年は、お芋堀りを終えたい! そして、おいしく食べられると良いな〜!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-12-26 21:45 | レッスン(全般)

黒鍵が弾きにくい理由

黒鍵が弾きにくい。微妙に、何か、違う。
これを自分の左手で自覚したのは1ヶ月くらい前です。

白鍵がラクに弾けるようになったのに、黒鍵はどうも変わらない。
白鍵と同じように弾いていたのではラクになれない、別次元の何かを感じました。
「何かが、ちっがーう!」と細分化していた結果。
この時の私の場合、大きく2つ、理由がありました。

1。上がる際の脱力

黒鍵は白鍵より高く、階段を1段上がる必要があります。

その、上がる際の脱力です。特に、第3関節付近の。
根(第3関節)が抜けて上れる。
しかも、第一と第二関節が抜けっぱなしで。
できるだけ、脱力した丸いカーブ状の指のまま。(見た目で判断は禁物ですが)
「黒鍵だぞ、上だぞ」という無意識の心身の緊張に負けずに。

そのために、この動きを鍵盤でなく、
しかも動かす指自身でなく動かすのが分かりやすいと思います。
(左の2の指で弾くなら、右手でつまんで動かす。左は何もしない。
ベストは、講師にやってもらうことだと思いますが)
初めは、第一関節と第二関節の間くらいをつまんで
第3関節付近の脱力状態を確認するのが良いかなと思っています。


2。奥に進む際の脱力

黒鍵は白鍵よりも鍵盤の先が奥にありますから、
その奥に少し進む動きも脱力できている必要があります。
その際重要(気付きにくいから)なのが、黒鍵を弾かない指の脱力です。
2で黒鍵をひくなら、1と3〜5。特に2で弾く場合は3でしょうか。
この、黒鍵を弾かない指×3つの関節すべてがスカスカと抜けていること。
でないと、つっかえ棒のようになってしまい、奥へのスライドを妨げてしまいます。
どの関節もつっぱって邪魔しないこと。

そして一番重要なのは、1と2が両立することです。
どちらがかけても弾きにくさが残ります。
まぁ、1と2で結局全部の脱力ということにはなりますが、意識するポイントが違うので。

これらの意識と訓練(?)で、黒鍵もぐっとラクになりました。
生徒さんのレッスンでもお伝えしやすくなりました。
習得には継続が必要でも、ここを細分化してほぐしていくと違うなと感じています。

ところで、これをきっかけに、階段をのぼる際の脚を気にしてみました。
ものすんごく、必要以上に、力んでる!!!と驚きました。
サッカーやテニスなどの選手は、こういう足腰の脱力もすごいんだろうなー!!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-12-26 11:22 | 脱力 (レッスン、自分)

クリスマス会、終わりましたっ

クリスマス会、無事に終了です!!
12月はあれこれ重なりすぎて「もーだめだ」と何度も思ってしまい、
さらに会の前日夕方には自分の不注意で大ショックなことがあり・・・ヨレヨレでした。

が、当日はまさかの晴天!(私は小雨女で行事これまで3回とも小雨でした。)
そしてこれだけ色々流行ったけれど病欠無しっ。
という奇跡っぷりです。サンタさん、ありがとう。

生徒のみなさんは、私とお話したことを本番の演奏で出そうとしてくれて、
ほんとうに気持ちのこもった演奏でした。
一人一人の成長と、これからの目標をいっぱい感じられました。

自分の演奏はショパンのマズルカ5番と、余興前のジングルベルアレンジです。
マズルカ、今までになく、気持ちよく演奏できました。 

今回、アレンジ演奏はゲームの輪になってから、
みなさんのすぐ近くで弾いたんです。(輪になる前に弾くの忘れて・・・)
そーしたら、みなさんの手拍子が近くて、側で歌ってくれてる声まで聞こえて!
すっごい嬉しかった〜!!
アレンジ演奏は、もう私の楽しみみたいなものです。ぞくぞくするんですよねぇ。

今年も、ふうぼうるさんにオーダーしたお菓子です!(昨年のふうぼうるさんはこちら
ふうぼうるさんは私が派遣社員だった頃からのお友達で、
マクロビのお食事やスイーツを、将来の夢に向かって勉強中の方です。
こちらの2枚はふうぼうるさん撮影。写真のセンスからして違う!!!!
a0234472_23464761.jpg

a0234472_2347991.jpg

なんと、ドフィノアのレモン生地は「天然酵母で12時間発酵」なんだそうです!!!
a0234472_23481778.png


余興はゲームです。説明には書いていませんが、最後、
紙袋の底に♪があったペアはオマケのおやつ付きです〜。
a0234472_23465156.jpg

a0234472_23464038.jpg


がんばったで賞です〜。
今回も、みんな飛び切りの表情に仕草で、私はでろんでろんです。ぷはー!
a0234472_23464429.jpg


・・・あれ?オチは?

えぇ・・・。

ビデオ→不調
録音→操作ミス
写真→そもそも撮ろうとしていない
ので、記録がなーんにもありません・・・。

行事が終わった夜は、家族が寝てから布団の中で録音を聴くのが楽しみだったのにぃ!!

でもま、色々出来すぎだったから記録がないくらいはしょーがないかな、と。小心者です。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-12-22 23:51 | 教室の行事

レッスン断片の散文?です

指を1本、動かす話。
ただその指だけを、何にも邪魔されず。
説明して、では、どうぞ。

一点に集中する、生徒さんの気。

静寂。

瞬間、空気がピリッとして

そっとそっと動かされる、一本の、指。

 【私】うーん、こっち、力が入ってます。だから、この、いらない動きが。
   【Aさん】なるほどー

もういっかい・・・

  あ、さっきよりは良い?
    はい、でも・・・うー こっちがムズムズするー! 
 爆笑! 

  あ、今の、どうでした?
    まだもうちょっと・・・。

 じゃ、リセットしましょう〜リラックスして〜ゆるめて〜
 ここだけ使う感じで。ここはいらない、ここもいらないです、あと、こっちも。
 あとこっちの裏側とか、入ってるかも?
 なでなでなで ふにふにふに・・・

そして何度目か

きたっ!!!!

がばっと椅子から立ち上がる私。
「おぉー!」と、指を見る生徒さん。

今日も、また一歩。

限界まで研ぎすませる。
全力で感じる。
全力で笑う。
一緒に。

んじゃ、また来週っ!!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-12-20 21:45 | レッスン(全般)

お師匠サマの会で関節意識の本番効果

先週末、お師匠サマの教室のクリスマス会に、生徒として参加しました。
久しぶりの行事参加で、大きくなった子たちや新しいカワイコちゃんズを楽しく見たり、
古参(笑)同士でお喋りしたり。楽しかったです〜!!

今回は、自分の演奏「ショパンのマズルカ5番」に集中して参加させて頂けました。
(お手伝い等が特になかったので)
そのため、自分の出番の前から自分のコンディション作りに専念し、
全力で望む、というのができました。

出番前、いつものように本番前の指のウォーミングアップ体操をしていてふと、

「あ、これ、関節単位でやってみよう」と思いました。
大まかにではなく、関節単位でひとつずつ、と。

すると・・・すでにウォーミングアップ体操で抜けたかな、と思っていた
左の2の指の特に第二関節が、硬いのなんの!!!
「今やってた体操、なんだったわけ・・?」とガクゼンでした。

明確に、「こうなったらこの関節は抜けている」という基準を持って
動作しないといかんのだなぁと痛感しました。

という訳で関節をひとつずつ抜いていると、
指が抜けていくのだけでなく、何だか冷静になる&集中力が高まるのも感じました。

そして演奏は、前日になって詰め込んだ(そこの大いなる問題はさておき・・・)
仕上げを、把握しながら演奏できたかなと思います。
前日の夕方から(そこの大いなる問題はさておき・・・)、
頭で音楽と筋肉をリンクさせて計算しきって鳴らすイメトレをしたのも効いた気がします。

今までの本番時の自分に比べて良い精神バランスで演奏ができました。
ちょっと成長できたような気がします(*^^*)
まぁもちろん、録音してなかったので幻です・・・またですか。

演奏後ある方から、私がこだわってみた部分を拾ってご感想が頂けて
すごーく嬉しかったです!

まだ、今週末の講師演奏があります。
お師匠サマのところで使い切ってしまった!!になりそうでコワイのですが、
テンポとか左とか見直したいので気合い入れて頑張りますっ。

・・・今回は「大いなる問題」がおきないように・・・。
って、もうあと3日?

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-12-19 13:15 | 脱力 (レッスン、自分)

関節ごとに動かしたAさんの脱力深度

昨日の大人の生徒Aさんのレッスンで、
きっかけがあって、腰を据えて関節単位の実感をして頂く事にしました。

脱力は最後はご本人の感覚です。
けれど、私が生徒さんと一緒にどこまで潜れるか、が重要だと感じています。
関節単位になってから、その深度が格段に深くなりました。

最近、関節単位でとらえるようになったらどんどん変化する私自身の左手の経験から、
「Aさんも、2や3も、まだ抜けるなぁ」と感じていました。

という訳で・・・
Aさんの3の指について、関節ひとつずつ、ゆっくりそーっと私が動かします。
筋肉が使われていないかのような動きを目指します。
収縮・緊張したがる筋肉をなだめるように、少しずつ動かしていきます。
基本は、第三関節=山。中手指節(MCP)関節から。
伸筋と屈筋、それぞれです。

だんだん素直に動くようになったら、
私に動かされている時の感覚を覚え、自分でもその感覚で動かす。
それを関節ひとつずつやって、最後に指全体を動かす。
ただ受けているだけではご自宅で再現できませんから、感じて覚える、が大事です。

また、ゲンコツにして握りしめます。
その時の、指が ”むくんでペタッとくっつかない、みたいな感じ” を排除します。
(これについては、また改めて。)

そんなこんなで3の指1本に15〜20分くらいかけたかな、と思います。
(注:いつもこんなにかかるわけではなく、身に付けばすぐにできるようになります)

終わっての、Aさんのご感想です。
実際に弾く前【軽くなった。自分の指が細くなったみたい(ペタっといくようになって)。
3の指だけが動くのがよくわかる】
弾いて【鍵盤を軽く感じる。自分の指も軽い。○○が弾きやすくなった。】
印象的だったのは、「だいぶ抜けるようになったと思ってたけど、
まだこんなに抜けて、ラクに弾けるものなんですね」でした。
でも一番嬉しかったのは、言葉にならない「えっ、うわ・・・!」みたいなのでした(≧v≦)

私が見て聴いて一番変化を感じたのが、
無理なく自然で素早い指の動き。発音の良さ、しかも丸い音色、です。
力に頼らない、素早い打鍵の音色でした。

指が独立したのは私も驚きました。
最初、手の平を見る向きで3だけ動かそうとすると他の指も連動していたのですが、
関節ひとつずつ動きを覚えてからやると、3だけがスーッと上がって来たんですよね...。
私が「なぬ?!」と思ったのと、Aさんが「うわっ」とおっしゃったのと同時でした。
筋肉だけでなく、神経が動きを学習するのかなと思っています。

ところで、関節を動かしている最中にAさんがずばっとおっしゃいました。
「先生これ、名前は何ですか?ノートに書きたいのですが。マッサージ?ストレッチ?
何か違うような・・・」

そーなんですよー!!
私も「これって何?」と思っていて。マッサージやストレッチではないと思っています。
強いて言えば、体操?でもそれもちょっと違う気がするんですよね・・・。


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-12-18 11:01 | レッスン(全般)

「関節単位」で自分もレッスンも変化

最近、自分の左手親指をきっかけに「関節単位」という視点を得ました。
この視点を得たら、自分もレッスンも大きく変わりました。

例えば今まで、「2の指をぬいて」とか「2のここらへんを抜いて」だったのが、
「2の指の第3関節の表(or裏)を抜いて」になりました。

また、今まで「なんだかこの体勢・体操で弾くと抜けるんだよね」と思っていたものも、
関節単位で認識すると、理由がハッキリしてきたりしています。
体操も同様です。
あ、この関節が抜けるからこの体操は効くんだね、と。

ある大人の生徒さんは、これまでどうしてもしっくりこなかった3の指が、
第3関節(山)を脱力することで第二関節、第一関節がふっと抜けました。
山から指先までの動きが、格段に軽くなりました。
(そのための体操をしました)

ご本人曰く、「どーうしても突っ張る感じがあったのが、しなやかに動きます!!」。
やたっ!(≧▽≦)!

と同時に、どうしても少しのこわばりが取れなかった1も、ラクになりました。
見た目の原因は、第3関節じゃなかったのですが・・・。

  たくさん弾いていれば分かって来る
  慣れてくればできるようになる
  調子が良いときは抜ける
  自宅で一人ならできる
  コーヒーを飲んだら抜けた

ではなく、

できるだけピンポイントで
”ここが力むから弾けない。抜ければラクになる。そのためには、この体操。この感覚。”

を心がけていたいと思っています。

ところで今日はお師匠サマの教室のクリスマス会に参加しました。
「関節単位」でいると、本番での緊張にも対応しやすくなる、と感じました。
また記事にします〜(^^)

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-12-15 20:08 | レッスン(全般)

しんどくなったら

最近はあれやこれやと重なってしまいます。
体調も万全ではなく病院へ。
しかも、”昨日は自分、今日はセガーレ”状態で
待ち時間、通算何時間、みたいな(苦笑)。
その他数件イレギュレーに加えて、教室と関係ない方面で懸案じこーもあってうむむむむ。

そんなこんなでクリスマス会準備、進みません。練習も・・・おうっ!

自分の左手というと、先週、”king of 根本”が発覚したら2つ3ついっぺんに好転!!
スリーステップ一気に進んだのは初めてかも!!嬉しい嬉しいっ。

・・・だけど、これを定着させるとなると話は別で。長期戦の様相です。
で、嬉しさの後は 「おおぅ・・・ヽ(-_-;)ノ」

そんなこんなで、ふっと、本当にふっと、ピアノしんどいなーーーーがやってきます。
心身重い・・・

そんなとき。

あったかいのみもの飲んで
すきな音楽かけて
友達からのメールにけらけら笑ったら

肩の力がすーっと抜けて、すんなり無理なく、前向きに。

うん、病院は行ってるけど母子ともインフルエンザとか胃腸炎ではないのだし。
かるいかるい。
懸案じこーはみんなが頑張ってるからだし。

で、よ〜し、と顔を上げたら、ピアノがちょうど目に入りました。
弾きたくなりました。

以前に比べて、切り替えがずっとうまくなったな、と自分をホメホメ。

そのときに、「生徒さんにとってピアノが
あったかいのみものや、好きなBGMや、友達からのメールみたいになりますように。
そうなるお手伝いができるレッスンをずっとするぞ〜!」
と改めて思いました。

ささっ!


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-12-13 10:22 | レッスン(全般)