人気ブログランキング |

<   2013年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ウキわく絵本【どうぶつたちのオーケストラ】

久々の、音楽絵本のご紹介です〜♪

a0234472_11521538.png

ご覧下さい、この↑楽しそうな表紙っ!(一時的な不具合で画像が見られないかも、ごめんなさい)
この、譜面台から楽譜がこぼれてるところが、さっすが!
私、イラストを描くのが(下手の横)好きですが、もしも自分で描いても
楽譜をこぼれさせる発想はないな〜、と。

半年くらい前に図書館で借りた本で、当時からセガーレはお気に入りでした。
それが最近、
CDのジャケットを見て「これ何?」 「ホルンだよ〜」と答えた途端、
「カバさんの、こうやって”しき”の、あの、本、また借りたい!」とリピート希望です(笑)
それから実際に借りに行くまでの数日間、
「どうぶつたちのオーケストラかりる〜」と何度も言っていました。
セガーレからこんな熱心なリピートは今までにありません。

私は本を読みながらのセガーレ向けに解説をしたりはしていないのですが、
楽しい雰囲気をバッチリ感じているようです。

今夜は楽しい音楽会。
お客さんがたくさん集まって、みんながわくわく。

14種の楽器が順に紹介されます。

みんなでならしてひいてたたいてふいて、
お客さんの目はキラっキラ!

楽しい演奏ののち、踏みならす足、やまない拍手!
指揮者が何度もおじぎし、演奏者たちの誇らしげな立ち姿、
そして「すてきなおんがくありがとう!」まで。
バッチリ描かれています!

全編、バックがパッキパキの黄色なとこも好きです。
このチカチカ感、なかなか無いっ。

唯一のアレレは、ホルンとラッパの絵が、一般的なのとは違うところ。
ホルン・・・私にはユーホニュームに見えるのだけれど(^^;)

【どうぶつたちのオーケストラ】
文 イーロー・オーリンズ  絵 ディボル・ゲルゲイ   訳 小池昌代

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-01-29 12:24 | オペラ、絵本

新しい楽譜(本)は嬉しいな!

大人の生徒さん、ガーデンコンサート(6月モクロミ中)に向けて、
ステップアップ!!の選曲です。

ピアノを始めて1年2ヶ月。
これまで、地道にコツコツやってこられました。
タイミングを感じた私としては、満を持してのステップアップご案内です(≧▽≦)!

プレッシャ−過多にならないように
「これまでずっと地道だったから、今度は背伸び、しませんか♪
発表会は、時には背伸びの曲を精一杯で弾いたっていいんです!
やってみてどうしても無理だったら変えちゃえば良いんですし〜♪」
とお話しつつです。

トラブルが無ければ”どうしても無理”となるとは思っていないのですが、
でもそう言うと生徒さんはちょっとほっとしたご様子でした。

そんなこんなで曲が決まって、今度は楽譜選びです。
レッスン中に4つご案内しました。
曲集(本)や、単曲のピアノピース、web印刷の楽譜です。

で、選んだ生徒さんがご報告のメールを下さいました!
店頭で見比べ、曲集を選んだそうです。

新しい楽譜が増える喜びをメールで聞かせて下さいました(*^^*)。

やっぱり、コピー用紙の楽譜にはないチカラが、本の楽譜にはあると思います。

私の場合は、もう、その本を抱きしめたいような気持ち。
コピー用紙やピアノピースはぎゅっと抱きしめることはできないですし〜。

同様に、店頭で選んで買うのもインターネット購入とはひと味もふた味も違う喜びです。
言いつつ、最近はインターネットも多いですが・・・。

お店にいって、棚から探して見つけて、それだけでえへへと顔がほころんでいます。
見比べて選んでレジに持って行くとき、お金を払って受け取るとき、も「えへへのへ」。
受け取るときはもう、「えへへのへへへ!」(笑)
帰り道は、もうほとんどスキップ!
OLで趣味時代、長年の憧れ曲の本を買えたときは
「ピアノやってて良かった!!!」と会社帰りの楽器店で思ったのをよくよく覚えています。

生徒さんはスキップまででは無かっただろうと思いますが(笑)、
生徒さんから新しい楽譜の喜びご報告頂けてとてもとても嬉しかったです!

それにしても生徒さん、メールで
「ステップアップした気分です^▽^」とのことですが、いえいえいえ!
その楽譜を買って挑戦できる、という時点で
”気分”じゃなくて、実際に大幅ステップアップなんですよ!(^^)v
でも、きっと買っただけでは実感がわかないものですよね。

ここはひとつ、弾けるようになって自分に胸はって
ステップアーーーーーップ!しましょーう!
とっっっても楽しみですっ!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-01-28 10:22 | レッスン(大人)

第1回ムグムグ(大人の会)をしました♪

カップにお湯をそそぐコポコポという手元の音に
生徒さんが弾く、扉一枚向こうのピアノの音が混じる。
同時に立ち上る、コーヒーの香り。
充満する、しあわせ。

てへ!

という訳で今日は、嬉し恥ずかし第一回ムグムグでしたっ。

ムグムグとは:大人の生徒さんと、お昼間の会。
弾いて喋ってお茶してのお時間です。演奏は、練習中の曲でOK。会名の由来はこちら。

発表会とクリスマス会(2〜3ヶ月前から準備して臨む会)以外は自宅練習のみ・・・
では、オンオフ激しいなぁとの思いからです。
中間の緊張度の会が、間でやりたくて。
私自身と生徒さんのモチベーション?のために。
そうやって体の中に音楽を注いでいきたい。
自分自身、師匠主催のそういった会に育てて頂きました。

3人で、小さな会です(はぁと)。
私はクレメンティのソナチネ、1楽章を。あと、ついでに自作を聴いて頂きました。
時間的にお茶でなく昼食となりました♪

きせきだなぁ、と今日は何度も思いました。
私は今の生活がいまだに現実なのかなと思うことがよくあるのですが、今日はまた一段と。

「先生、ピアノ弾かせて頂いてもいいですか?」「どうぞどうぞ〜」
そんな小さなやりとりだって、「うわー!ピアノ教室みたいー!!!」と内心大喜びです。

お盆を持って扉をあけたら、BさんがAさんの演奏を見て聴いていらして
その光景にクラッとしました。
見慣れたウチが、生徒さんが集ってそんな場になっていることにクラクラと。

Aさんが、「白髪のおばあちゃんになっても、絶対、こうやって
演奏したりお喋りしたりしていたい」とおっしゃいました。

うん、ほんとうに。
そんなことになったら・・・一生がきせき。

第二回のタイミングが巡ってくるのが楽しみですっ(≧▽≦)

しかし・・・キセキは起きなかった、クレメンティのソナチネ・・・
しょーじん〜!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-01-24 17:23 | 教室の行事

9ヶ月。成長実感中!

初級の女の子。
いつも地道に、自分が納得できるようになるまですごい根気で頑張ってくれる子です。

ただいま、第二次「成長実感期」!

どの生徒さんでも「何ヶ月でコレができるように」などは設定していませんので
成長実感も本当に色々です。

お引越して来てくれた9ヶ月前、
まずは譜読みやリズム取りになれて
綺麗な手の形があることを知って、自分がそれに向かうんだ!と目標を持ってもらうのが
メインでした。

なので第一次の成長実感期は3ヶ月くらいたって
・読譜やリズムの読み取りがラクになった!
・第一関節が育ってきて、基礎トレはつぶれないで弾けるようになってきた!
・つけね(手の甲の、各指の付け根のトンガリ)をだして弾けるようになった!
でした。

第二次である今は、
・曲の演奏でも、つぶれずに弾ききれるようになった!
・小指や親指がベッタリしないで丸い手が崩れなくなってきた!
です。

加えて、弾くのを聴いていて音がすごく良くなったな〜!と思います。

土台が安定してきたので、音色も安定して良い音になったのです。
特に「抜け」が良くなったなぁ!と感じます。

目と耳で生徒さんの成長を実感できるのは、ほんとーーに嬉しいものです。

この生徒さんは、目標を把握してレベルアップをしていくことが人一倍好き!
可能性を示すととても喜んでくれます。
「これができていないよ」ではなく、
「こんな風に良くなれるよ」と私の手で示して見てもらう感じでしょうか。

その時必ず、「ここはできるようになったから、じゃぁ次のレベルだよ!」と
言ってから伝えるようにしています。

第二次成長実感期ということは、第三次の目標が出てきます。
それは、
曲を演奏していても小指に傾かないようにすること。
4の指の独立を1段あげること。

これができてくると、またさらに変われる。
そしたらそしたら・・・?!

それを一番楽しみにしているのは、私〜っ! \(^O^)/

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-01-23 14:22 | レッスン(子供)

どうしてレッスンするのかな

セガーレ(3歳9ヶ月)との会話です。
私は部屋の片付けをしながら・・・

セ : うちに、ピアノのてーとさん(生徒さん)くるの?

私 : そうだよ〜。

セ : だれ?○○さん?(←唯一覚えている、大人の生徒さんの名前)
※ちなみにこないだまで、「てーとさん」は「てーと」という名前の人だと思ってました/笑

私 : そうだよ〜。

セ : なんで??

私 : ○○さん、ピアノを弾くからね、お母ちゃんと練習してるんだよ。

セ : なんで??

私 : えっと・・・ピアノが上手に弾ける様になりたい、から。 

セ : なんで???

私 : ・・・・・・ピアノが・・・好きだから。(なんとなく、顔を上げて前を向く。)

セ : ふーん。


根本を突かれたような気がしました(笑)。

そう、全ては、ピアノが好きだからっ。


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-01-21 09:05 | 雑記、セガーレと音楽

第一回ムグムグ

大人の会をしまーす(≧▽≦)
大人の生徒さんに昼間にお集まり頂いて、弾いたり喋ったりお茶したり。
演奏は、練習中の曲でOK!

ちょーーーーーう、夢でした!!!

ご参加は任意・・・とかかっこつけたりして。
実際は生徒さんお2人なので、それぞれに
「どうですか〜?」「良いですね〜♪」で、決まりです。

もうちょっとしてからやりたいと思っていましたが、
お一人が来月から生活変化のご予定があるとお聞きし、
毎度ながらの「じゃー、今やるっ!」でございます。

教室名にちょっと引っ掛けた会の名称をつけたいな、といろいろ悩みました。

garden cafe
・・・いっやー?! オサレすぎですわ!もっと脱力な感じで!

ガーデン喫茶
長くて言いにくい〜。

ガーデニング
家庭菜園
kitchen garden
(家庭菜園の意)
(※教室名のgardenは、庭よりも果樹園の意味です←ウチのベランダの外が果樹園なので)
うーん、なんかちょっと、アウトドアで本筋からはずれすぎた感じ...

半楽(はんがく。半分おしゃべり、半分音楽。主婦は半額が好きっ。)
いや、さすがに多少はオシャレにしたい・・・半額が好きとも限らんし・・・

意見を求められ困ったオッティは「オチャッピー」(お茶とピアノの意味らしい)
犬みたいだよっ!

という訳で考え疲れた私は、紙に教室名を英語で書いたのを眺め・・・

Music Garden

MG

MG

・・・・・・

ムグムグ

・・・決・定!!  MGMG と書いて、ムグムグと読むっ!

張り切らない感じ、肩の力抜けた感じ、お茶してモグモグしてる感じ。
音楽に関係ないけど、全くオシャレじゃないけど、良いのだっ。

「むぐむぐ」ではなく「ムグムグ」。
この、モグモグしてるアヒルグチな、字面。

・・・かわいい(はぁと)。

かわいいのか・・・。

という訳で、来週、第一回です。きゃー!
カレンダーに嬉々としてムグムグと書き込みましたっ。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-01-18 09:39 | 教室の行事

師匠のブログを読めない時期がありました

ピアノ教室を始める前の5年間くらい、師匠のブログがあまり読めませんでした。

理由をひとことで言うと「すごすぎるから」。
加えて「それに対して自己嫌悪や焦りを覚えるから」です。

趣味で通っている頃〜音大聴講時代は、いつも拝読していました。
読めなくなったのは、確か聴講後再び勤務し始めた頃からだったと記憶しています。

聴講終了後から教室始めるまでの5年間、私はすごく情緒不安定でした。
進むもやめるもできなくて、同じところをぐるぐる回っていました。
そんな私にとって、まっすぐにまっすぐに音楽を追求し続けていらっしゃる師匠のブログは
なんというか、刺激が強過ぎました。

師匠のブログに限ったことではないのですが、師匠ブログについては
「先生のブログなんだし、見て勉強しなければ」みたいな気持ちがあったからだと思います。
レッスンだけでは得られないことがぎっしりつまっているブログだと、分かってはいたので。

でも読むと、焦り、不安、自己嫌悪、果ては嫉妬まで。
原因は自分にあるのに、ひどい話です・・・。

あまりにきつくて「先生のブログがあまり読めないんです・・・」とお話し
「あはは、もちろん良いのよ〜ブログなんて読めるときで」とご返答頂いたこともあります。
あのときは本当にスッキリしました・・・(なおさらひどい・・・)。

それでもチラチラと拝見してはいました。見ずにもいられなかった、という感じです。
で、マイナス感情を抱いてしまって、そんな自分がさらに嫌・・・の苦しい悪循環。

スタンスは、本人の希望と一致しているとは限らない。

当時の私は、ピアノに対する気持ちとスタンスを一致させられなくて苦しかった。
対して師匠は、それが一致していて、どんどん迷わず進んでいる(少なくともそう見える)。
それが、当時の私には過負荷だったのだろうと思います。
前向きに勉強することはもちろん、見ずにいることもできない。原因は自分にあるのに。

最近、師匠がブログの中で、このことについてちらっと言及しておられました。
(こちらです)

それを読んで、師匠は前述のように「あはは、もちろん良いのよ〜ブログなんて読める時で」と
あの時おっしゃって下さったけど、やはりご心配をおかけしてしまっていたんだなと思いました。
しかも、長年。とほほ。
ブログの見せ方などについて、配慮しておられたそうです。

幸運が重なりピアノ講師になれた今、師匠のブログは私の指針です。
吸収しきれない時でも、おぼろげな、目標。
そういう状況になれたのは師匠のご指導のおかげで、
そこにはチラチラとでも拝見していたブログからの蓄積も大いに含まれている、と実感します。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-01-16 13:10 | 雑記、セガーレと音楽

分かりやすい反応だけを求めないように・・・

分かりやすい反応は、すんなり理解できます。だから、安心。
笑ったり、質問に何か言葉で返してくれたり、恥ずかしがったり・・・
ストレートな言葉はもちろんですが、
言葉はなくても、目や表情で語ってくれれば大丈夫。

でも、分かりにくい反応は、不安です。
どう感じているのか分からなかったり、推定はできても正解か確かめられません。

無表情で、黙っている。

これには最初、どう感じてるのかなと不安でした。
体験レッスンの最初など、そういう状況になることがあります。

でも最近は、それはその子の内側で一生懸命受け止めている最中なんだなと
落ち着いて見ていられるようになりました。
様子をみながら、少し待ったり声をかけたりします。
その子による反応の仕方みたいなものも、少しずつみえてきます。

例えば発表会みたいな場面で。
やっぱり弾き終わったら、達成感を感じている笑顔とか照れ笑いとか、みたい。
後でそういう顔が写真に残せていたらそれはもう嬉しい。

演奏後、「素敵に弾けたね!」と声をかけて、笑顔だと嬉しい。
例えうまく弾けなくて悔しい顔でも、あぁ悔しいんだなと気持ちが分かります。

でも、無表情で黙っていることだってあります。

それは、自分の内側でしっかり感じていたり
とってもどきどきしていたり(弾き終わっていても)
一生懸命に一人で踏ん張っているのだなと感じる様になりました。

表情が無くなってしまうほど必死に頑張ってくれているのですから、
それほど一生懸命になってくれていると思うと、とても嬉しいです。

笑顔のような分かりやすいリアクションだけに喜びややりがいを求めたりしないよう、
素直にその子の反応を見つめて、笑顔を期待せず、”待てる”講師であり続けようと思います。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-01-14 15:33 | レッスン(子供)

年賀状で、恩師にご報告。

恩師に、ご報告をかねて今年の年賀状をお送りしました。
ご連絡するのはずいぶん久しぶりとなってしまいました。

5歳から高校3年までお世話になったピアノの先生です。
(大学受験を機にやめてしまいました。大学4年間がブランクで、
入社で上京し1年目で現在の師匠のところで再開、現在に至ります)

大学時代出さずに終わってしまった年賀状をピアノ再開時にお送りしましたが
数年後にそれぞれの喪が続いたりでこの6年はまた不義理をしてしまっていました。

昨年も、年賀状を出そうか悩みました。
「ピアノ教室を始めました!」とご報告したい。
でも、始めた直後(1ヶ月後)で、正直続けていけるのか不安・・・安定したらかな・・・
とかなんとか考えてしまい、出せずじまいでした。
「教室がやりたい」とお伝えした事もありませんでした。

今年は自分の心境がいろいろと変わり、
よし、教室を始めたご報告をしよう!と思い切って書きました。

出したときから、ずっとそわそわ。
年始からどきどき待つ事、数日。先生から年賀状を頂戴しました!
文面の中に、

「ピアノ教室を始められたそうで、とても感激です」

と、変わらない優しい文字で、書かれていました。

も〜、感激は私ですっ!!!!
嬉しくて嬉しくて、何度も何度も読み返しました。今でも時々読んでいます。

5歳からの13年間、私のスタンスに合わせて最大限の指導をして下さいました。
高校入学時に「お祝いよ」と下さった音楽用語辞典は今でも現役です。

「先生にご指導頂けて、本当に良かったです。」

お礼と、教室のご報告ができて、とても嬉しいです!
これからは毎年お出しするつもりです(*^^*)

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-01-11 13:09 | 雑記、セガーレと音楽

生徒さんの嬉しい言葉(≧▽≦)

昨年11月からいらした大人の生徒さん。
ピアノと新婚ホヤッホヤ〜(≧▽≦)

新年最初のレッスンにいらっしゃいました。
毎週定期ですが、お正月休みをはさんで2週間ぶりです。

開始前の会話で・・・

生徒サン : レッスンが、待ち遠しかったです〜

わたし : ?!

生徒サン : 2週間あいたら、長くって。


*★○△※▲□☆ーーーー?!?!?!

いや、これは・・・ほんとに・・・大変です。
頭の中では
「聞いたか?!」「あぁ聞いたとも!!今、待ち遠しかったって、言った!」「言ったよな!!」と大騒ぎです。

でも、「あらぁ〜、それはとっても嬉しいです〜♪」

なぁーんつって、平静を装って和やかムード演出してしまう私。
こう見えて(?)、恥ずかしがりです。そして不意打ちに弱いです、多分。

無言の笑顔も、すっきりした瞬間の表情も、一見無表情の真剣な空気も
いつも「すごいな〜嬉しいな〜」と大喜びしてますが、
ストレートな言葉の威力はまたすごいですね!

生徒さんが帰られてからまたハンスウし、
「張り切って行こー!」と、一人で両手ガッツポーズでした(笑)。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-01-10 13:19 | レッスン(大人)