人気ブログランキング |

<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

脱力はどこから?

初級の大人の生徒さん。
今度の曲は、「連続する同音を指かえで弾く」、がでてきてまたひとつレベルアーップです。
(例:ソの音を、人差し指・中指・人差し指と、続けて弾く)

指かえのメリットをお話して挑戦なのですが、硬い!
「指、変えなきゃ!」となってしまい力がたくさん入ってしまっています。
こわばった指になってしまい、いつもはホレボレと聴く程の”解放された音”が鳴りません。

で、脱力しましょう、となり・・・

【1】手首や手の甲の力を抜いて、弾いたら自由に・・・と一音ずつゆっくりと確認します。
すこしずつテンポを上げて、だいぶよくなりました。
音もよくなったし、見た目にも脱力できていそうな感じ。
・・・ちょっと当たり外れはあるけど、慣れかな??

【2】でも生徒さん、「まだ何か、手の甲がピキっとしちゃってるような・・・」。
おやおや? ともういちどひとつずつ丁寧に確認・・・えーと。

【3】あっ、ひじ!!!
見た目はそうでもなかったのですが、触ってみた肘が、硬い!
慌てて「肘、ひじ!」とお伝えすると・・・

なんと言うか、「ハイいま文句無しに抜けました」という感じでした。
音も、見た目も、何より生徒さんの表情がスッキリと変化です。

【4】それだー! 忘れない様に、キーワードを探すべし!
腕全体をしなやかに。例えるならええと、枝・・・いや、海の、タコっ!!
しなやかに柔らかく、でも指先は、吸盤っ!

という訳で、脱力は手首から先だけでは駄目なんだよね、を再確認しました。
肘、というか、腕、肩。(そして背中、腰。)
正確に言うと、腕から抜けてないと手首から先も抜けきらないのですが。

そして、見た目で判断してしまい、手首から先に気をとられていた自分を反省です。
何か違和感がある時はこまめに確認しないと!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2012-09-28 21:48 | レッスン(大人)

自分の成長実感でホクホクしちゃおう(生徒さん編)

成長を実感してもらおうと思ってではなかったのですが、
これもそういうことだよね〜と思ったので、このタイトルにしました。

ある生徒さんが、当教室にお引越してきてくれた頃の曲を再び弾いてきてくれました。

お引越してきてくれたのが4月。
最初は読譜やリズムを優先でやっていたので、「つぶれない指で」とお話し始めたのは
6月くらいでした。
最近では、頑張って意識して、ずいぶんよくなってきています。

レッスンノートに、その曲のタイトルを自分で書きこんでいます。
「やってきたんだよ!」ということなのだと思います♡
では、とレッスンの最後に弾いてもらうと、
よく覚えていて、スラスラ弾いてくれました。
でも・・・指がつぶれてしまっています。

そこで、お話しました。
「この時、がんばったもんね〜!5月だったんだね。今の方が上手になってるよね!
じゃあ、今の○○ちゃんにふさわしいレベルで弾いてみよう!」

すると私が言う前に、こちらに顔を向けて「つぶれないで!」と言ってくれました。
しかも、イライラしたり面倒がったりすることもなく、すんなりとした笑顔です。

私はそれが嬉しくて。「そうそうー!やってみよっか!!」

そして真剣に弾くと・・・

できたー!!!!全部つぶれないっ。
「つぶれないで弾けるようになったねー!!」と言うと、とっても良い笑顔(≧▽≦)

そして、彼女が言いました。
「また、他の前の曲も弾くんだ。そしたら前より上手に弾けるから」。

んっふっふ。ホックホクなんだね!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2012-09-27 13:06 | レッスン(子供)

おけいこがんばったら大好きになるよ! の、絵本

音楽絵本(?)のご紹介です♪
ピアノではなくオーケストラです。

がんばれさるのさらんくん 中川正文さん作、長新太さん画。
福音館書店。
a0234472_1095377.png


動物園の動物たちがオーケストラをやるんだけど、
さるのさらんくんは・・・トランペットがなかなか吹けなくて・・・。

おけいこしたら、できるようになるよ!
そしたら、大〜好きになっちゃうよ!!
を教えてくれます。

セガーレも大好きで、さらんくん読んでさらんくん読んで、です。

お話もかわいいのですが、脱力系なこの絵柄がまた好きです。
しかも脱力系だけどページを開くと、とっても細かに描き込まれていて、素敵です。
色んな楽器が描かれていてそれも楽しめます♪

・・・が、記事にしようとアマゾン見たら、絶版でした。
しょぼしょぼーん。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2012-09-25 10:29 | オペラ、絵本

自分の成長実感でホクホクしちゃおう(鑑賞編)

自分の成長、実感できると嬉しいですよね。
「わーい! 私、前よりよくなってるや〜 えへへ〜 (´▽`)」
この能天気な自己満足感、たまには必要ですっ(私の場合)。

最近、ちょっときっかけがあって、何年も聴いていなかったCDを
2週間くらいに渡ってたくさん聴きなおしていていました。
聴いたのは大体、5〜6年振りです。

で、自分の耳の変化に驚きました。正確には耳自体ではありませんが(笑)
同じ曲なのに、すごく立体的に聴こえてくるのです!
細かいフレーズのうねり、勢い、落ち着き、下降、etc.
協奏曲なら、ソロ楽器がバリバリやってる時の、他の楽器の動きとか。
こうしてみると以前は、メロディー追って、全体の雰囲気を何となく聴いてた、だけでした。

また、サントラなんかだと、場面に合わせて「○○風」にしていることが多いですが、
その元ネタのジャンル・時代・地域がすごく掴みやすくなっていたのです。

こうやって、
 様式感が持てたり
 楽器の音が色々聴き取れるようになったり
 元ネタがイメージできたり
すると、なんて言うか「何してるか。意図は何か。」がすごく見えやすくなっていて、
聴きながら無意識に頭でそれを検討つけて楽しんでいる、感じです。

別に、以前の自分がその音楽を楽しめていなかったとは思わないです。
理屈や知識が無くたって音楽鑑賞は楽しいですもんね♪
ただ私にとっては、今の方が「おもしろく聴けて」いて、楽しいです。
スポーツ観戦や映画鑑賞なんかもきっとそういう違いがあるのでしょうね。

そんな訳で、図らずも自分の成長を実感できて「わぁい♡」の音源掘り返しの旅でした♪

それにしても、中学生の時にかった吹奏楽のCD・・・ちょっとちょっと20年とか前ですか?!
タイムカプセルレベル・・・。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2012-09-24 11:23 | 練習中&勉強中〜

オー・シャンゼリゼでアハハ〜♪

ひっさしぶりのクラシック外話題は、「オー・シャンゼリゼ」です。
超有名曲ですね。
音楽の教科書には「街を〜歩く〜心〜かるくぅ〜」と出ていました。
(みなさん歌詞は違うのかな)

今回の話題のは、これのフランス語バージョンでございます。
歌:ジョー・ダッサン、1969年。
人気歌手さんだそうです。シャンソンか、フレンチポップスといったところ?

4年前、ジャズやシャンソンを色々聴いてた時期、CDのシャンソンアルバムで出会い、
一発で「これ好きっ!」となりました。

もう、この能天気で、アハハ〜♪なアレンジ。
包容力たっぷりのジョー・ダッサンの歌声。
シンセサイザーでなく生音(だ、だと思います・・・)バックバンドの、
ブカブカ・フガフガな演奏。
良いわ〜。たまらないわ〜。

wikiによると、原曲はなんとイギリスのロックバンドだそうで・・・
まーたこれが、ビートルズのAll you need is love (前奏にフランス国歌が挿入されてる)
みたいな感じで、良いっ。
そうそう、All you need ・・・には最後、バッハのインヴェンション8番も挿入されてます。

ちなみにちなみに、たどり着いた経緯は
ジャズライブバーで、愛の讃歌の英語( If you love me)を聴く。超良い!

また聴きたいとCD探すも、フランス語シャンソンしか見つけれられず

とりあえずこれで、とシャンソンアルバムを

オー・シャンゼリゼがビンゴ!!(パ・タ・シュウが歌う”愛の讃歌”も良かったが)
でした。
こういう、目的外から素敵な出会いがあるとすごく嬉しいですよね〜。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2012-09-21 12:59 | ジャズ、ポップス、民俗音楽

ママが見てる!

姉妹の生徒さんは、姉妹&お母さんの3人でレッスンに来ます。
あ、最近は二人だけで来ることも増えてきました。

それなので、お母さんがどちらかのレッスンをずっと見学なさることは
今までありませんでした。
お母さんはレッスンの模様を見つつ、
もう一人が学校の宿題なんかをやっているのを見つつ、です。

それが昨日は、都合で妹ちゃんとお母さんだけでいらっしゃいました。
お母さんは近くに座って全部しっかりご見学です。

すると・・・も〜、妹ちゃんてばとっっても意識(≧▽≦)
やっぱり、ママが見てくれてるのって、ほんとに特別なんですよね。
いつもそうならないから余計なのでしょうね。
張り切ってる様子と緊張が混ざった感じ!

そしてそれは、私もです!
妹ちゃんがこの10ヶ月でとっても上手になってるのを知って、誉めて上げて欲しい!!
と思いました。
普段から、妹ちゃんがママに見てもらいたがってるのが伝わってきていたからです。

なので、ちょっと弾いてる横に立って頂きました。
「今ね、指がつぶれないで弾くのを頑張ってるんです、すごく良くなってきたんですよ〜!」

それで弾いてみせるときの妹ちゃんの様子がまたっ、かわいいっ!
真横で見たお母さんも「ほんとですねー!」と驚き喜んで下さいました。

さらに、
新しい曲をいきなり一人で弾いてもらって譜読みが速くなってるのとか
楽譜のリズム通りお膝をたたいてリズムを読むのも上手になってるのとか
音色がすごくしっかりしてきたこととか
とかとかとか。
アピールしまくりです(笑)。

お母さんにたくさん誉めてもらえて照れた様子の妹ちゃん。
私が「今日はママひとりじめできいてもらえるね〜っ」と言うと
ほにゃ♡の笑顔。

かはっ

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2012-09-20 11:18 | レッスン(子供)

至福のおいかけっこ

初級の大人の生徒さん。
今日のレッスンで、2声の曲がマル!となりました♪♪
教本「リトルコスモス」から「こねこのおいかけっこ」です。

2声「ぽい」のは以前に1曲ありましたが、キッパリハッキリ2声は初めてでした。
いやもう、ものすごく大変だったと思います。

両手で全く別のことをするのは、本当に大変です。
細部にあれこれとずっと意識し続けなくては、取りこぼしが出てしまいます。
意識やコントロールが漏れる、というか。

弾きながら
 いま右が上昇、左は下降。
 右はフレーズの切れ目、左はつながってる。
 右手のこの音は上から降ってくる様に。でも、左の山も忘れずに
などなどなど・・・次々と意識を移していく必要があります。
こうして改めて書き出してみて、ほんとに大変だ!と思います。

しかも、大前提として、「クリアな音で」。

今日のレッスンでは最初に弾いて下さった時、
細部のコントロールがすごくよくなっていらしたのですが、
音がぼやけてしまっていました。ふわふわ、もやもや。

かわいさ優しさ綺麗さを大事にするあまり、指まで優しくなってしまった感じです。
わかりますわかります!イメージに指が連動しちゃうんですよね!!

そこで、ピタッと吸い付く指先を生徒さんの腕鍵盤(?)で確認して、
弾き直して頂きました。

すると・・・両・立!!

うーん!美しい!!じんわりうるうる〜。
透き通ってかわいくて優しい「おいかっけっこ」の、素晴らしい演奏でした。

細部までコントロールしようと集中して演奏され、しかも
歌心とその曲に対する気持ち(愛)がこもった演奏は、本当に美しいと思いました。

「すんごい良かったですよー!!」と言うと
「こんなの絶対無理って、(練習し始めた頃は)思ったんですけど」と
嬉しい嬉しいお答えです。

ピアノの音だけが響く静かな部屋で
生徒さんの素敵な演奏を間近でじっくりと堪能させて頂いた、至福のひとときでした。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2012-09-18 14:20 | レッスン(子供)

がんばって練習した〜!

「がんばって練習した〜!」。

生徒さんが、先日のレッスンで最初に曲を弾く前に言ってくれた言葉です。

その前のレッスンで、何点か直すところをお話していました。
譜読みの訂正と、指使いと、重音のスラーと・・・

ちょっぴり背伸びの選曲だったので訂正ポイントもあれこれです。
でも、「これがやりたい!」と開いて見せてくれた曲で、
譜読みの時点で頑張ってるんだな〜!とひしひしと感じていました。

その翌週で、冒頭の言葉です。
不意打ちなタイミングの言葉だったので残念ながら彼女の顔は見ていませんでしたが
自信と、「大変だった、もう!」という感じが入り混じった声でした。
その声に私がパッと見た横顔は楽譜を真剣に見ていて、
次の瞬間、鍵盤に視線を移しました。
至近距離でそういう横顔を見ることができるのは、本当に幸せなことです。

そして言葉通り、改善ポイントをオールクリア!の演奏を聴かせてくれました。
「がんばったねー!!!」と拍手の私に、「うん」と照れ笑いです。あぁかわいいっ。

さらに嬉しかったのが、それでも私から
「じゃあ次はここをね・・・頑張ろう!」と言われても
がっかりすることなくすんなりとうなずいてくれたことです。

時にはため息でちゃうこともある。
わかんなかったり、わかってるのにできなくてイライラしたり、思う様にいかないっ。
学校の宿題だってたくさんあるんだよ!

でも、ピアノに向かい続けるのって、ほんとに大変ですごいことだと思います。
できたことを「やったね!」と一緒に喜んで、さっ、次へもうひとがんばり!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2012-09-16 23:57 | レッスン(子供)

やってみる。

初級の女の子の生徒さん。
当教室にお引越してきてくれた10ヶ月前、
ピアノ教室が変わってとてもどきどきしていました。
少しずつ少しずつ心を開いてくれて、今では最初の頃が懐かしいほどです。

ひとつずつじっくり考えて、踏みしめて、先へ進む子です。
その、真剣な横顔を至近距離で見つめるのは本当に幸せです。

その彼女が、先日初めて自分から「やってみる」と言葉にして言ってくれました。
それを聞いた瞬間、私は「?!」と白くなってしまいました。

新しい曲を選ぶ時のことです。
これまでは、「次これやってみない?」と聞くと短い曲ならうなずくか、
ちょっと長い曲だと「・・・。」と黙って考えていました。
そういう沈黙の場合、私が少し
お話(曲の特徴とか同じ和音が多くて譜読みは見た目より簡単だよ、とか)して
「やってみない?」と聞くと「・・・うん」という感じでした。

それが、今日は「この曲にしない?」と聞いたときの表情に緊張感があまり漂わなかったし、
自分から、「やってみる。」と言ってくれたのです。
その言い方がまた、気負わずストンという感じで、落ち着いた表情で。
あまりにも自然に出た言葉に、私の方がほんとに一瞬、ポカンとしてしまいました。

も〜嬉しくて嬉しくてっ、ほんとは抱きしめちゃいたいくらいなのですが
ウザがられること間違い無しなのでぐっと我慢でサラッと流しました。

が。

頭の中では二人の自分が
「聞いた?!いま、聞いた?!」 「あぁ聞いたとも!」と大興奮。
この間、1秒(笑)。

一瞬に凝縮されたピアノ講師の幸せを噛みしめました!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2012-09-13 09:51 | レッスン(子供)

講師の側を知って

自分が経験して初めて分かることって多いですが、
ピアノのレッスンもそうでした。

自分の教室に生徒さんが来て下さるようになってから、
自分が生徒として先生にして頂くレッスンがものすごーく、くすぐったい、です。

先生に「左手だけ弾いてごらん」とか「もっと○○で」とか、とにかくなんでもですが、
アドバイス頂くたびに、いえ、もうピアノの前に座るだけで照れます。
「いま私は、暖かい目で見守られてるー!!!」みたいな(笑)

ピアノ講師が、生徒さんに対してどれだけの気持ちを抱いているかが分かったので、
それを頂いている(きっと・・・)と思うと、ものすごく照れます。

それと、「あー、先生には私が聴いているのとは違う音楽が聴こえてるんだなぁ」とも
強く思います。
同じ音楽(この場合は私の演奏)を聴いても、聴こえ方が違っている、という意味です。

講師になってから、自分の練習は自分をレッスンするつもりでしています。
必死に聴いています。
それでも、気づけなかった点のアドバイスを頂戴しては
「むむー!!!!どう聴こえているんだろう!!」と思っています。

少しずつ、自分の聴き方も成長している、はず。
でも、どれだけ成長しても、先生はその先を聴いている。

それは率直に申し上げて「チョー悔しい!ムムムムム」。
先生がそうやっていつも先の世界を感じさせて下さるので、
演奏の視点で「いつか絶対そこへ!」と発奮し、
講師の視点で「今の自分はどうか?将来はどうか?」と考える。

恥ずかしかったり発奮したり考えたり。
色々忙しい先生のレッスンです!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2012-09-10 11:12 | 練習中&勉強中〜