人気ブログランキング |

<   2011年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

姉妹の、初めてのレッスン♪

今日は、仲良し姉妹のレッスンでした♪
本レッスンは初めてですが、
二人とも体験レッスンで一緒にやったことを
丁寧に練習してきてくれていました。

今日は...

お姉ちゃん:
音楽の盛り上がりを感じてみよう、音がジャンプしてるのを表現しよう、
とお話すると、うなずいて弾いてくれました。

妹さん(妹ちゃんって言い方、妙ですよねぇ):
大きな音でも、しずかちゃんみたいに優しく弾いてみよう、
力を抜いて良いんだよ、と言いながら力を抜く練習をしているうちに
だんだんと力が抜けました

二人とも、真剣に私の話を聞いて、手を見て、吸収してくれます。
その姿にじーんとします。
一生懸命で、レッスン最初よりきれいに弾けるようになって帰ってくれました。

これから二人と少しずつ仲良くなって、うちとけたレッスンができるようになるのが
すごく楽しみです!


そして、二人のレッスンが終わったら、「ふーっ!」。
大人の生徒さんでもそうですが、特に小さなお子さんでは、
今の言い方で伝わってるかな、我慢してないかな、とレッスン中は
聴いて喋って見て空気読んでと、今の自分の精一杯でフル回転。
子どもに伝わるような言い方も、これからもっと
自分の生きた言い回しが増えていくといいな〜。


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2011-11-30 22:11 | 体験レッスン&初レッスン

出直してきますっ。

今日は師事している先生のところに行きました。
(0)生徒さん確定後、初めてのレッスンなので祝福のハグをして頂く(涙)
(1)教材の相談:考えていることをお伝えして、アドバイス頂く。
(2)連弾の合わせ練習:やっぱこの曲綺麗やわ〜!
(3)ソロ(子犬のワルツ)のレッスン:下記。

子犬のワルツ。。。
どーいうことやねん、と自分に激しいツッコミを入れまくった帰り道でした。
(通称、一人反省会。)

やりたいことがたくさんあるけど、それももっと突き詰めないと駄目だと痛感。
特に、ひだり手!!

左手で表現したいことがたくさんあります。
けど、そのあまりうるさくなってしまってる、とアドバイス頂きました。
音量やアクセントではなく、音色や音の長さの変化だけでそれを表現するように。
あくまでも弱音で。
ひょえ〜(ー ー;)

こんな時いつも、「この弾き方大変だからやめちゃうか...」と一瞬よぎります。
けど、やっぱりこれで弾きたいから、頑張る!となるんですよね。
アテもなく練習するより、曲で「こう弾きたい!」を目指して頑張る方が
練習のしがいがあるし、変化が実感できるし、楽しいですよね。


それから、先生のレッスン室のピアノは、丁寧に弾き込まれたグランドピアノです。
響きのよい部屋なこともあり、実にシビアなピアノで、
「はい、あなたこれできてませんね〜。ツメ甘いですね〜。練習したつもりになってましたね〜。」と
お披露目されます。

弾き始めでそれが露呈→激しく動揺→すべる→鍛錬足りずそこから取り戻せない→ますますすべる。
がっくし。
ほんと、今日から必死に首を洗います。

何はともあれ、いつも有意義なレッスンをして下さる先生に感謝です。
練習中の演奏からでもやりたいことを汲み取って下さり、
「うんうん、こっちはどうしたいの?」と興味を持って下さり、
そうなっているか・なってないならどうしてか、アドバイス下さいます。
自分もこんな風に!と思う目標が身近にあって、幸せ者です!


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2011-11-29 23:03 | 練習中&勉強中〜

教材の海、再び。

ここ数日、教材の海に再び潜水中です。
ぶくぶくぶく...おぼれかけです。
自分...不器用ですから...。

2ヶ月前、あれこれ購入し見比べて
「よし、これっ」と決まったはずだったのですが、
もう一度見直していたら大きな見落としに気付き、作戦変更中です。

初級の教材って、本当にきりがないですよね。
それぞれのこだわりポイントが違っていて、
もちろん併用しますが、でもかといって何冊でも、という訳にもいきません。
良いなと思ったもの同士の組み合わせが良いとも限らず...。

でも、あれこれ見ているおかげで、少しずつ
一冊を見渡すのが上手になってきた...と思います。いや、そのはずだ。

それと、いきなり弾かずに
できるだけ頭で鳴らして、それから歌って、その後弾くように心がけて、
ちょっとソルフェージュのやり直しもかねています。
最近ちょっと遠ざかってしまっていたので...。

いずれにしても、深海まで潜りすぎても
最初に欲しかったポイントを見失ってしまいそうなので、
そろそろ切り上げたいのですが、はてさて。


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2011-11-28 21:58 | レッスン(全般)

願掛けの手帳

先週、出かけた先の本屋さんで来年の手帳コーナーが特設されていたので、
レッスン予定管理用に買いました。
出かけてた状況も「たま〜にしか会えない親友と神保町の本屋さん」ときて、
想い出にもなるし!と。
もう何年も手帳は持って歩いていませんでしたので、ひっさしぶりの手帳選びです。

絶対条件は、レッスン予定が書き込めるよに、時間が細かく区切られていること。
で、該当が3つのみでした。

その中から決まったのがコチラです。
発行の金園社さんのサイトより。
a0234472_236551.png


えー、「おばあちゃんの忘備帳としても」とか書かれてますね〜。
そうなの〜?おじいちゃんは〜?
そして、ちょっとイケてない表紙です。100円ショップと言われてしまいそうです。

だがしかし、中はコレっ!
見えにくいですが、左の小さい数字が時間です。
a0234472_23114551.jpg


はっはーん、書けますね、書けますね〜。
3時30分〜4時、 ○○さん って書けますね〜。

これ、A5サイズなのです。
私は字が大きいので、いわゆる手帳サイズでは豆みたいになってしまい、かけません。
で、これにしました。
ちなみに、土日は小さくただの白い枠のみです。
土日レッスンお休みなのでナイス!

はっきり言って、今のレッスン状況では手帳不要ですが(少ないので)、
「手帳がないと管理が難しいかな?くらいになりますよーに」、と願掛けで買いました。
親友との想い出を胸に、この手帳で1年頑張ります!

あ、ちょっとー、そこの鬼さん爆笑しないよ〜。


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2011-11-27 23:26 | 雑記、セガーレと音楽

何となく、をちゃんと把握。

エア生徒さん(イメトレしてましたとも、えぇ。←恥ずかしい。。。)でなく、
現実にやりとりできる方が来て下さるというのは、
本当にたくさん教わることがありますね!
あぁ幸せ。

ありがたいことに少しずつレッスンが始まり、
今まで自分の中では何となく理由があってやっていたことも、
それを伝えたい場面ではっきり言葉にできないと意味ナシオだな〜と痛感しています。

ある4小節を弾きながら、自分のやっていることを分析してみました。
ただ楽譜通り弾くのではなく、
無意識&反射的に、自分の感じたように弾いています。
音色、フレーズ、盛り上がりに終息。変化をつけて弾いている。
それを、
  どうして私はそう弾いたのか。
  私は楽譜から何を感じたのか。
  どの音・音形・ハーモニーが、左右どちらが、そう感じさせたのか。
  感じたものを演奏にも生かすためにどうやったのか。
  感じたように演奏がなってないならそれはなぜなか。

こうやって文字にすると何かめっちゃ頭デカチン☆な感じですが、
それを「ん〜?」と考えること、
考えるというか、「ぐふふ〜」と作戦練るという感じ、これ楽しい!

そして自分の演奏にも大きな刺激になっているのを感じ、
そっちの変化も期待できるかも、と今からそれも楽しみです!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2011-11-26 10:59 | レッスン(全般)

レッスン2回目!!

昨日は、2回目のレッスンでした。
大人の生徒さん。初めてのピアノ教室で、基礎からです。

にもかかわらず、私のじっくりバイエルを楽しんで頂けたようで...
感激です。
途中、しつこすぎかな?とご様子を伺ったりもしましたが、
元々音楽が好きな方なので、
掘り下げるのが楽しいと感じて下さっているようです。
もちろん私も楽しくて仕方ないっ。

私がレッスンノートに記入している間、
「えっと、」とお一人で弾いて反復していらっしゃるのがとても嬉しかったです。

まだ数回の本レッスンと体験レッスンのみなので、今のとこ、ですが
どうも私はサクサク進めるのが不得手のようです。
自分の練習でもどちらかというとそうなので、そうかなと予想してはいましたが、
やっぱそうか〜。

ゆっくりで最初進行が多少遅めでも、
どこかで急に開ける時がくると確信しています。


でも、私のこだわりだけで進めるのではなく、
生徒さんのご様子をみながら気持ちを聞きながら、
ペースを探っていこうと改めて思いました。
そうやって生徒さんと一緒に探っていくのがまた楽しいです!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2011-11-25 12:07 | レッスン(全般)

新しい生徒さん♪♪

来週から新しく、生徒さんが来て下さることになりました!
しかもなんと、とっても仲良しの姉妹二人!!で来てくれます。
なのでタイトルの♪が2つです(>▽<)

先日の体験レッスンでは、二人とも
「音楽が好き、ピアノ大好き」という気持ちが
すごく伝わってきました。

そんな二人の気持ちを大事にあっためて育てていけるように、
ゆっくり楽しくやっていこうね、とお話しました。
はにかんでうなずいてくれる様子にとても嬉しくなりました。


正直、教室スタート時に何となく描いてたペースを遥かに上回ってるので
かなりびっくりしてます。
ここ数年ためてた運を一気に吐き出している感じが
ものすっごーくしています...(^^;)


この幸運なご縁と毎日を大事に、生徒さんと一緒に、いっぽいっぽ進もうと思います!


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2011-11-24 20:19 | 体験レッスン&初レッスン

明るくノリよくでも渋く。アートブレイキー!

訳あって、今夜のBGMは
明るくノリよく、でも渋いイブシ銀ジャズ!が希望です。
そこで。。。

アートブレイキー クインテット (アートブレイキーさんが作った5人組、という意味)
の、Split Kick (1954録音)、これっ!
すごく好きな曲です。

バードランドという、ニューヨークにあったライブハウスで行われたライブの録音です。
名物だった(らしい)、バードランドの司会1分弱の後、演奏が始まります。
メンバーのうちピアノは、私の好きなホレス・シルバー。

司会が終わって曲が始まる瞬間の、この一瞬のタメと緊張感!!
わずかに前につんのめった入りが最高ですっ。

会場のライブハウス「バードランド」は、「バードランドの子守唄」でも有名ですね。
この「子守唄」は、一日の最後によく歌われたそうです。
サラ・ヴォーンが歌うのが特に好き〜。

曲の入りの瞬間を聴きながら、
「あ〜、こんな風に演奏できたら最高だろうなぁぁぁ。
死ぬまでに一度で良いから経験してみたいっ」と思います。
ジャズに限らず、「こんな風にできたらなぁ」が日常なんだから、
プロって、ほんとすごい。

you tubeより↓ Split Kick です。


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2011-11-22 21:49 | ジャズ、ポップス、民俗音楽

クリスマスソング:アンディおじさま〜

ここ数年、この時期になると気に入ってかけるCDがあります。
Andy Williams の、 Andy Williams Christmas Album。
1963年録音。

アマゾンで試聴も可能です→こちら

も〜、ムーディーで、うっとりで、でも濃くはないので、すっきり聴けます。

おすすめ1
11曲目  The Little Drummer Boy。
ドラマーボーイだけに、ずっとスネアの刻みが入っています。
それが、すんごく良いっ!!
特に、曲の後半になると、なんだか静かに降り続ける雪みたいです。
(アマゾン試聴ではそこまで聴けないのですが)

おすすめ2
6曲目 ジングル・ベル
あの定番ジングルベ〜ルですが、こんなかっこいいジングルベル聴いたことないっ。
ビッグバンドのバックも好きっです。

60年代の、打ち込みではない、贅沢な伴奏。
音程はずしてる子供たちのコーラスや、厚みのあるバック。
全体がすごく丁寧な作りで、あったかいです。

このアルバムは、子供の頃、母がクリスマス前になるとレコードでずっとかけていました。
でもレコードの機器が壊れ、十何年きいていませんでしたが
3年前ふと思い出したら「あれって実はすごいアルバムなんじゃ?!」と気付き、
CDを探し母にクリスマスプレゼントしました♪

そして...つい最近知ったのですが、アンディおじさまは、
「ティファニーで朝食を」のムーンリバー(1962)のあの、おじさまでした!
なっとくよ〜。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2011-11-21 21:40 | ジャズ、ポップス、民俗音楽

日比谷に本物のモーツァルトが?!

「日比谷に本物のモーツァルトがやってくる」
というポスターを、有楽町を歩いていて見かけました。

日比谷、第一生命本社ギャラリーでの展示の案内でした。
「ランゲ作、モーツァルト肖像画の原画
トルコ行進曲自筆譜
キラキラ星変奏曲の自筆譜」をメインとする展示です。
おぉ!と思い、足を伸ばして見に行きました。

あの有名な横顔、意外と小さいのですよね。
原画で、なんだか「お目にかかった」という気分でした。
こちらの原画です。未完。
a0234472_2234967.jpg




他にも、モーツァルトがヨーゼフ一世からもらった指輪のオリジナル
モーツァルトのタバコ入れ オリジナル
モーツァルト父の教本 初版
などなどなど。

私は初めて見るものばかりで、なんだか、
「モーツァルト」が、本当に生きて食べて笑って怒って、音楽を作ったり書いたり演奏したり。。。
した、人間なんだというのが、ようやく本当にピンときたような気がします。
残された手紙を読んだりするのとはまた別の説得力でした。
自筆譜は、サラサラと苦もなく書き進める様子を想像し、ため息ものです。

他にも複製絵画もたくさん。
レプリカでも、小さな写真で見るのと、大きな絵画として見るのでは全然違いますね!

ミニコンサートも行われました。
チェンバロ(ピアノの枠組みの元になった楽器。下の写真が一例)の繊細な音色と、
ビブラート無しのバイオリン。
どちらも久しぶり〜の生演奏で、大満足でした♪

a0234472_2201399.jpg



♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2011-11-20 22:04 | 演奏会、CD、動画、映画