人気ブログランキング |

カテゴリ:教室ご案内、方針、URL等( 6 )

稲城市(南武線稲城長沼駅)個人ピアノ教室ミュージックガーデン

JR南武線、稲城長沼駅徒歩5分、
東京都稲城市東長沼(川崎市麻生区、川崎市多摩区、府中市、多摩市に隣接)の
個人ピアノ教室です。

10時から13時半(開始)にお越し頂ける生徒さんを募集中です

子供も大人も基礎を大切に、丁寧なレッスンを心がけています。
大人で初めての方も、ペースに合わせて焦らず楽しくレッスンしています。


〜ご案内〜
・対象:4歳くらいから大人の方まで。全く初めての方から発展まで
(個人レッスンのため、恐れ入りますが大人の方は女性のみとさせて頂きます)

・時間:火曜日〜金曜日(祝日除く)の 10時から17時くらいまで

・料金:30分 1,500円、45分2,000円から。以降15分ごと500円
  
  お子様の導入期は30分で、状況によりソルフェージュにプラス15分。
  
  大人の方の初級は30〜45分から。
  レッスンの間隔があく場合は60分〜お願いしています。
  入会金は頂戴しません。
  楽譜は必要に応じてご購入頂きます(著作権のため楽譜のコピーはお渡ししていません)。

・お月謝でなく1レッスン制です。
    曜日固定でなく、都度、次回レッスン日を決めます。
    毎週お越し頂ける前提の場合は、曜日・時間の固定も承ります。
    なお、基本的に週に1回程度をお勧めします。

・場所:稲城市東長沼(JR南武線稲城長沼駅 徒歩5分、京王線稲城駅20分)
 
〜指導者プロフィール〜
渋川
5歳よりピアノを始める。数年のブランクをはさみ、ピアノ歴約30年。
普通大学卒業後就職するも、退社し国立音楽大学に聴講生として通い、
全日本ピアノ指導者協会の指導者検定に合格。小学生 男児の母。

ずっと弾いてきたピアノ、「やっぱり講師になりたい!」と一年発起から6年。
長年の夢だったピアノ教室を2011年8月にスタートしました。
生徒さんと一緒に、音楽の楽しさ・素晴らしさを感じられるのが幸せな日々です!

お気軽にご連絡ください。無料体験レッスン、随時承ります♪

ホームページはこちらです↓
URL: http://home.g00.itscom.net/garden/garden/top.html

お気軽に下記メールアドレスにお問い合わせ下さい♪
*を@に変更をお願いします。


m-garden*g00.itscom.net

なお、土日月曜・祝日はご回答をお待ち頂く場合がございます。ご了承下さい。

by shibukw | 2013-07-11 09:50 | 教室ご案内、方針、URL等

教室のホームページのご案内

こんにちは。
こちらは
東京都稲城市東長沼にある、ピアノ教室 music garden のブログです。
ピアノのこと、教室のこと、その他いろいろ綴っています。

教室のホームページはこちらです↓
http://home.g00.itscom.net/garden/garden/top.html

よろしければぜひこちらもご覧くださいませ♪


♪クリックで応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-01-06 00:26 | 教室ご案内、方針、URL等

【2】”ちょい上乗せ”はタイミングみて

遅くなりましたが新年のご挨拶申し上げます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します♪

昨年末の生徒さんのスタンスに続きまして、
今日はもうひとつの重要ポイント、タイミングについてです。

レッスンではできるだけ、一歩先を感じて頂きたい。
でも、生徒さんはいま、前向きに「その先」を感じて頂けるタイミングか?

学校、仕事、結婚、妊娠、出産、育児、受験、病気、介護・・・
そしてそれらに連動する経済面、心理面のコンディション。
ご本人はもちろん、ご家族の状況もダイレクトに関わります。
ピアノって、家で日々練習が必要なので、当然ですね。
私自身のこの10年、「タイミング」には悩み苦しみました(^^;)

生徒さんのタイミングを見極めることは難しいことだと思います。
特に大人の生徒さんの場合、タイミングでない=何か問題を抱えている、
ということは進んで話さないものだと思うからです。

講師の方は生徒さんと一緒に音楽を追究したい、が基本です。

ぶっちゃけた話、これは私が生徒としての経験からです。
(お師匠サマに掲載快諾頂いています)

師匠からの過負荷・・・正直、ありました。

心の中で、「いや、待って先生、いま、無理。そもそもピアノ自体、弾けない向き合えない。
てゆーか、ピアノ苦しいやめたい。」という状況になったことあります・・・数度。

そんな時どうしたかというと、言いました。それを、お師匠サマに。
申し訳ない言いにくいと思いつつ、でも、無理だったから。
師匠は親身に聞いて理解して下さいました。

大事なのは、見極め。
もっと大事なのは、それを誤ってしまったときに、教えてもらえるか。
それを聞いたらすぐに軌道修正できるか。

「いま、なかなかピアノが弾けなくて。」
その理由って、もしかすると言いたくないことかもしれません。
説明するのもしんどい時かもしれません。
それなのに、先生に言わなきゃいけない。

それでも言おうと思ってもらえなきゃいけないのです。
信頼関係ができてなきゃとても無理ですよね。
私はお師匠サマに対して「言いにくい。でも、先生は絶対怒ったりしない」と思いました。

では、そうやってタイミング待ち期間中だと講師が理解できた後は?

人生いろいろあります。タイミングが満場一致することの方が少ないですよね。
その貴重なタイミングが巡ってきた時、ゼロから”よっこいせ”では、もったいない!
できればタイミング待ち期間中も、過負荷にならない範囲で蓄積していたいものです。
でも、タイミングじゃないのに蓄積していく訳ですから
これもとってもデリケートなことだと思います。

タイミング探りも、タイミング待ち中の蓄積も、生徒さんとの信頼関係があってこそ。
そうじゃないと、長く続けていけない。

5歳〜高校のときの先生と現在のお師匠サマが、そう教えて下さいました。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2013-01-05 08:51 | 教室ご案内、方針、URL等

【1】レッスンは ”スタンスにちょい上乗せ” で

ピアノとの付き合い方は人それぞれ、スタンスそれぞれです。
レッスンは、もちろんスタンスをお伺いしそれに合わせてとなりますが、
私は”そのスタンスにちょい上乗せ”でいたいと思っています。

大人の方が「趣味で楽しく♪」であっても
レッスンはそこにひとつこだわりをのっけていきたいのです。

いえもちろん、無理にガリガリと押し込むということではありません。
趣味で楽しく、はとても素敵なことです。継続が何より大事です。
(そして、現在の生徒さんがどうこうということでも決してありません、念のため^^;)

ただ、「”楽しい”から一歩入った世界」を普段のレッスンで肌で感じ続けて頂きたい。

でもそれは別に改まって示す必要はなく、自分と生徒さんの音楽を追求し続けることで
いつの間にか伝わることなのではないかな、と思っています。

私が生徒さんの音色や音楽にこだわりをもってお伝えしていれば、
生徒さんの耳はどんどん成長します。
そうすると、基礎もきちんとやって良い音を出したいと思う。
やりたくてやるから、基礎練習も機械的な練習ではなくなります。
自宅での練習が問題意識のあるものになります。
自分で観察・分析ができるようになってきます。
「この音、先生に言われそうだなァ」と思って練習します(笑。生徒さんがおっしゃいました)
この好サイクルに入れば、しめたもの!

自分自身、お師匠サマにずっとそうやって導いて頂きました(現在も)。

せっかくお金と時間をかけてレッスンに通い、日々時間を作って練習するのですから
やっぱり上手になりたい!しかも、効率よく!そのためには良いサイクルで!

また、オッティは、発表会は心底嫌でとずっと出なかったのですが
毎回先生が誘って下さるので意を決して出てみたら、次も出ようかと思えたのだそうです。
オッティには、その先生の明るく柔らかな押しの強さ(笑)が必要だったのだろと思います。

(※オッティは以前、大人から趣味で始めて私とは違うピアノ教室に通っていました。
子供や仕事の理由でやめ、今は元々の趣味であるギターやシンセでバンドを少々。)


でも、”+アルファ”を感じる事が生徒さんにとって負担になってしまうこともあります。
講師から常に自分のMAXでこられてしまう訳ですから。

タイミング、大事よね!・・・という訳で次回、タイミングについてです。

と・・・次回、は来年になりそうです。
皆様今年も大変お世話になりました。どうぞ良いお年をお迎え下さいませ、ませ。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2012-12-30 20:50 | 教室ご案内、方針、URL等

心は音楽教室です

機会をつかまえて大人の生徒さんやお母さまにお話していることです。
なるべく体験レッスンでお話するようにしています。

ピアノのみなのに「音楽教室」じゃちょっとだよねとピアノ教室としていますが、
私としては心は音楽教室です。


まず大事にしたいと思っているのは、
どんな楽器でも、歌でも、ジャンルでも共通する心のようなもの。

音楽を楽しんだり味わったりする心。そしてそれを音にこめるということ。
一音にこだわるということ。ノリを感じるということ。etc.etc.
小さいお子さんの場合は、まずは「音楽って楽しいな♪」。

そういったものを大事にお伝えしたい、一緒に育んでいきたい、
そのための楽器が、私の場合はピアノだ、という感じです。
もちろんピアノ大好きっ!!なのですが。

特に小さいお子さんの場合、今後の音楽人生で
ピアノだけを選び続けるとは限らないと思います。
(もしかしてその可能性の方が低いくらい?)

小学校で合唱にはまったとか。
中学校で吹奏楽部に入ったら木管楽器に目覚めた、とか。
高校でバンド始めたらエレキギターやヴォーカルに夢中になった、とか。
大人になって寄席行ったらウクレレ漫談でウクレレに開眼・・・はあんまりないですか(笑)


そうやってどんな方向に進んでも、ブランクを経て再開しても、共通して生きるもの。
それをじっくりと、私からお伝えするというより、一緒に感じていく。
それを目指しています。

もちろんその上で、ピアノが終着駅になったら、それはそれは嬉しいですっ。


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2012-05-11 23:39 | 教室ご案内、方針、URL等

教室名の由来です

稲城市にある教室(自宅)のベランダの外は、ぶどう畑と梨畑、そして田んぼです。
教室の名前:music gardenは、それにちなんでつけました。
(garden = 果樹園 の意味もあるのだそうです)

それと、「咲きますように、実りますように♪」と願いをこめました。

この景色と、そして静かなところがとても気に入ってます。
特にこれからぶどうと梨のシーズンですので、
葉がよく茂って、見ていて気持ちいいですし、風ふくとさわさわさわ♪
今夜は涼しいので、静かな中に秋の虫の声が聞こえます。

雨の日のピアノは、「サーッ」という音を聞きながらです。(豪雨除く ・・・)
そういう時に弾きたくなるのは、ドビュッシーをはじめとするフランス印象派。
作曲家たちの頭にあったのはこんなかな〜、と
晴れの日には浮かばなかったイメージが膨らんだりします。

音楽って生きてるな〜と改めて思います。

by shibukw | 2011-08-27 23:32 | 教室ご案内、方針、URL等