人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 7 )

悔しさと向き合って

ピアノを弾いていると、悔しいことがたくさんありますね。
わかっているのにできない、
できそうでできない、
そうしたいのにできない。

それはとても悔しいことです。
しかも、ピアノをやっているとしばしばそれが起きてしまいます。

特に小さなお子さんの場合、その悔しさをどうするかはとても大切で
悔しすぎていないか、気をつけるようにしています。

かといって、ちっとも悔しくなくても上達しないもの。

悔しさを共有し、
悔しい時は、上達しているとき。
頭の中で懸命にがんばっているとき。
悔しいから上達できる。

そう言いながら、悔しさと付き合っていけるように、と思っています。

by shibukw | 2018-09-06 17:39

「頭では分かってる」

大人でも子供でも、
先生に言われて、理解はしてるけど、
指はそうならなーい!

ということ、多々あると思います。

悔しいです。イライラもします。

そんな時でも前向きに取り組んでほしいので、
よく、

「頭では分かってるって感じ、かな?(^^)」と聞きます。

すると、ほぼ100%、「うん」と答えがかえってきますので、

「すぐにはできないよねぇ」というようなことを言いながら、
繰り返しの練習をしてもらいます。

ちゃんと、頭では分かってる。
話をちゃんと聞いてた。理解はできた。

それをわかってもらえず(少なくとも本人はそう感じて)

内心で、
「私だって分かってる。
意味すらわからない訳じゃないもん!」
となってしまうと、苦しいですよね(><)

難しい、ややこしいことを越え続けていくために

気持ちが落ち着いていなければ、
前向きでなければ、
できるものもできないですね。

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2016-08-19 23:36

「これ、言うか迷ったんだけどね」

プレッシャー減の「実験してみよ」

果敢モードの「できるかなー?!」

に続きましては

プライドに訴える(笑)バージョンの、

「これ、言うか迷ったんだけどね」。

「大変すぎちゃうかなぁって、言うか迷ったんだけどね、
でも、今の○○ちゃんならできちゃうんじゃないかと思ったから

という感じです。

「前の○○ちゃんなら、言うと
逆にわかんなくなって苦しいかなと思って、言えなかったんだよー」

とか続くこともあります。

そんなに頻繁には言いませんが、
私が「ここぞ、越えたい!」という気持ちの時に言っていると思います。

生徒さんの空気が変わるのを感じます!

併用だと、

「実験してみよっか」
と軽めに挑戦して(内心、私はうまくいくかヒヤヒヤだったりします/苦笑)、

できたら、

実は...言うか迷ったんだよね、

ということもあります。

こういう言い方に反応してくれるのって、
ピアノが上手になりたい、というベースがあるからとも思います(*^^*)


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2016-06-05 23:45

右手先生にお願いする時のみなさん

わかりにくいタイトルですね...(^^;)

私はレッスン中、頻繁に「右手先生」に出動頂きます。

生徒さん自身の左右の違いを比較して
改善をする方法なのですが、

みんな右利きなので基本的に
右手の方が良い手本になり、「右手先生」です。

弾きにくい左手がなぜ弾きにくいのか、
右手と何が違うのか、ポイントを決めて比べます。

比べるポイントは大体1センチ弱で、
例えばグーやパーなどの動作をしたり
実際に弾いたりしながら、
その最中の感覚を右手で覚えます。

そして、左手でも同じ動作をし、感覚を比較します。

すると大体すぐに、「たはー(苦笑)」という反応が(笑)。
左右で全然違う!と感じるのですね。

...前置きが長くなりましたが...

というわけで私は生徒さんに「右手先生に聞いてみよー」と
よく言うのですが

それに対して生徒さんがよく言う言葉が、

「右手せんせー」です。

右手を出しながら、呼んでます(笑)

数度ですが、「はーい」って返事までしながら右手を出すのも見ました(笑)。


...前置き長かったのに、これだけのことで...す、すみません...


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2016-05-26 22:20

生徒さんに「それムリ!」感が漂った時に

前回記事の流れの話題です。

生徒さんに何か改善を提案して
とりあえず一緒にやってみる内に、
生徒さんに「それ、ムリ!!」感が漂うことがあります。

生徒さんの集中力的にもうダメそう、
でも意味とやり方、目的は伝わってる、という場合

「家でやってみない?」と言いますが、
その際に、様子を見て必要そうだなと思ったら

「できなくて、あまりに苦しくなったら無理しなくて良いから。」

と言い足します。

そして、

来週、できなかった、と教えて。
来週、違う作戦、考えよ」 も。

苦し過ぎると続かない、というのともう一つ、

苦しくなり過ぎると、「とりあえず」だったりイライラしたりで
悪い方に進んで次のレッスンに来てしまうこともあるからです。

...もっとも

「できちゃったらすごいよね!
先生はできちゃうと思うんだよね!
家で頑張ってみてほしいな〜。
それで来週、一緒に、できたねー!って拍手したいな〜!」

とか、けしかけます(笑)。

「無理しないで良いよ」ばかりじゃ上達しない。
でも、苦しすぎても続かない。
と思うので、

生徒さんのキャパをみながら...。

ちなみに、
「できなかった」となる方が、まれ、です(^^)
みんなすごいね!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2016-05-06 12:49

ブログをお休みしています

ご訪問ありがとうございます。

すみませんが現在、
時間等の都合によりブログをお休み中です。

長めのお休みになるかもしれませんが、
再開しますので
その際には宜しくお願いします。

♪ランキングに登録しています。
クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

by shibukw | 2014-08-19 12:21

【メール復旧しました】

お知らせです。

1週間メールが不通になっていましたが、復旧しました。
不通の間の受信メールも確認でき、完全復旧です。

ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

by shibukw | 2012-11-19 09:24