悔しさと向き合って

ピアノを弾いていると、悔しいことがたくさんありますね。
わかっているのにできない、
できそうでできない、
そうしたいのにできない。

それはとても悔しいことです。
しかも、ピアノをやっているとしばしばそれが起きてしまいます。

特に小さなお子さんの場合、その悔しさをどうするかはとても大切で
悔しすぎていないか、気をつけるようにしています。

かといって、ちっとも悔しくなくても上達しないもの。

悔しさを共有し、
悔しい時は、上達しているとき。
頭の中で懸命にがんばっているとき。
悔しいから上達できる。

そう言いながら、悔しさと付き合っていけるように、と思っています。

[PR]

by shibukw | 2018-09-06 17:39