利き手が優勢、ばかりじゃない

こんにちは。

利き手の方が何かと優秀、と
思うことが多いのでは、と思います。
私は以前まで、強烈に、そうでした。

でも...?というお話です。

※以下、「利き手、非利き手」では読みにくいので
「右利き」としますね。

***

右手の方が器用とは限らない、と
自分や生徒さんの手と向き合う中で、よく感じます。

「この動作は、左手の方が良い」ということも多々あるのです。

利き手は、
鉛筆を使う、お箸を使う、ハサミを使う、
ペットボトルを開ける、包丁を使う、携帯やスマホで文字入力
などなど、とにかく色んな作業をしています。
休んでいることは少ないですね。

その分、
ガーッツリと、クセがついているのです。

特に、お箸で付いているクセというのは非常にやっかいだと感じています。
(特に2、3指かな)

そのため、そのクセが邪魔するような動きについては、
左手の方がいいのです。
(具体的な動作は、人によって違います)

このクセのことを、「右手のプライド」と生徒さんにはよくお話しています。
手を擬人化しての例えで、
「ほとんどのことを、私がこなしているのだ!」というプライドです。

***

そういう点で、
左手の方がクセが少なく素直で、
脱力しやすい(=動きを変えやすい)こともあります。

再度例えてみると
「ここに無駄な力が入ってるから、これをやめて、
こういう風に動こうね〜」
と手にアプローチした時、

左手は、「あ、そうなん? ならちょっと、やってみるわ」
と言ってくれるけど
右手は「はぁ?!そんなん、知らん!
今までずっと、これで、仕事してきた!これで生きてきた!」
と、いう感じです(笑)

***

もちろん、左手だってたくさんの仕事をしていますので、
右手より左手の方が得意なこともあります。

一番わかりやすいのは、お茶碗でご飯を食べる時ではないかと思います。
右手はお箸、左手はお茶碗。

これ、左手でお箸が大変なのはもう当然ですが、
実は、右手でお茶碗を持つ事も大変なのです。

お茶碗を持ち、ご飯をはさみやすいように傾け、
そして、
お箸でご飯をはさむ際の圧力に適度に耐える。

これを右手でやると、違和感大爆発です。

ピアノを弾く際でも意外とこの左手の「把持」の仕事からくる
左手の方が良い動き、というのが出てきます。

脱力に取り組む際に大事なのは
右手が先生だと決めこまないことかな、と思っています。

ご一読ありがとうございました(^^)

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by shibukw | 2017-03-24 23:44 | 脱力 (レッスン、自分)