右手先生にお願いする時のみなさん

わかりにくいタイトルですね...(^^;)

私はレッスン中、頻繁に「右手先生」に出動頂きます。

生徒さん自身の左右の違いを比較して
改善をする方法なのですが、

みんな右利きなので基本的に
右手の方が良い手本になり、「右手先生」です。

弾きにくい左手がなぜ弾きにくいのか、
右手と何が違うのか、ポイントを決めて比べます。

比べるポイントは大体1センチ弱で、
例えばグーやパーなどの動作をしたり
実際に弾いたりしながら、
その最中の感覚を右手で覚えます。

そして、左手でも同じ動作をし、感覚を比較します。

すると大体すぐに、「たはー(苦笑)」という反応が(笑)。
左右で全然違う!と感じるのですね。

...前置きが長くなりましたが...

というわけで私は生徒さんに「右手先生に聞いてみよー」と
よく言うのですが

それに対して生徒さんがよく言う言葉が、

「右手せんせー」です。

右手を出しながら、呼んでます(笑)

数度ですが、「はーい」って返事までしながら右手を出すのも見ました(笑)。


...前置き長かったのに、これだけのことで...す、すみません...


♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by shibukw | 2016-05-26 22:20