レッスン2回目。嬉しい言葉がたくさんですっ

新しい大人の生徒さんの2回目の本レッスンでした。
体験レッスンでお伺いし、基礎重視ですが曲も楽しみたいということで、6:4くらいかな?

【基礎は】
(1)前回から”関節強化キャンペーン”を展開(笑)。
特に右手の4(薬指)と5(小指)がまずは対象です。

前回、「4と5を単音で鳴らす。弾いたら手首や手の甲をラクにして力を抜く。
その時、第一関節で支える」をやって来て下さいとお願いしました。

2回目の今日・・・おどろきましたっ!!
5もですが、特に4の指〜!!めちゃくちゃよくなってます〜!!
曲にはまだ結びつかなくても、1週間ちょいでこんなに変わるとほんとに嬉しいっ。

ご自身の感覚はどうかお伺いすると、「はい、ここで支えてる感じがしてます」
そして「こんな風に力を抜いてって、初めてで。
今までこんなに力が入っちゃってたんだと思いました。」

とおっしゃいました。わかりますー!その気持ちー!!!(私もそうでした)

(2)コルトーの基礎トレ
”最初の2小節だけ。メトロノーム80で一音につき4拍ずつ。
弾いたら第一関節で支えて抜いて”でお願いしていました。
80で一音につき4拍ずつ・・・かーなりゆっくりですが、これもバッチリ(^^)vイエイ!
しっかりしてしかもラクそうで、嬉しくても〜見ててにやにやです、わたし〜!

生徒さん「こんな風に一つの音を長く、じっくり見て弾いたことなかったです。」とのこと。
きゃっ! ご自宅でじっくり見てあげればあげるほど、指は喜んで育ちます!

【曲は】
(1)”フレーズの頭の音が真っすぐはいりすぎてしまう”を改善すべく
「えぇと・・・」であれこれ試し、”弾く直前のブレーキをかける(しかも力みなく)”で
ぐっとよくなることが判明です!

(2)強弱や”ため”などの表情付けを考えました。
バイエルはその辺の指示がないまま2回繰り返しとなってたりするので、
「どうしようかなーっ(≧▽≦)」がたまらなく楽しいですね、しかも生徒さんととなると尚更っ。

私が「ここを盛り上げてここはためて、でもくどいから1回目はスッといって。
盛り上げた分、ここはするっといってその分、最後はこの音を味わってまとめる、とか。
あぁでも逆もありですね」
などとお話するとふむふむとうなずきながら聞いてくださいました。
最初のうちは、2つ3つあげて選んで頂くようにしています。

私が「ここを...こうすると...大人の演奏です(^^)」とお話すると
「そうですよね!大人の演奏したいって思います」とのこと。

嬉しい言葉をたくさん頂いて、お会いするの3回目で打ち解けて来て、
キャッキャキャッキャのレッスンでした!
ひょーう!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by shibukw | 2013-09-06 14:13 | レッスン(大人)