ショパンな予感!

大人の生徒さんとの会話をきっかけに、
ショパンが弾きたくなってちょろりちょろりと弾きました。
弾き始めてすぐ驚いたのですが、
自分の入っていき方というか、曲に対する集中力というか、気持ちのこもり方というか
・・・が、半年前と全く違うのです!!
格段に良くなっていました!!

別に、ショパンを全然弾いていなかった訳ではなく
1年前にワルツを、半年前にエチュードを練習していましたが、
いまひとつ気持ちがスッと入っていけないところがあったのです。
曲を弾いているのであって、ショパンを弾いている訳ではない、というか・・・。

それが昨日は、その頃に比べてずっとずっと、曲が
ぶわーっと立体的に聴こえました。
スラスラ弾けない曲なのに、すーっと入っていけるのです。

原因は、この半年、弾かない勉強(読む、観る、聴く)をしていたことだろうと思います。

それらは、ショパン直結のものもありましたが、
多くは音楽には非直結なものです。
手当たり次第で、広範に点(しかも薄い)が散らばった勉強です。

でも多分、そういったものがごったまぜで、
何か自分にナニガシか蓄積できたのだろうと思います(思いたい/笑)。

上記の、”ぶわーっと曲が立ち上がる感じ”に驚きながら、
「これ、何か前にもあったな。何だっけ?」と思いました。

しばし脳内検索・・・チキチキチキ・・・チーン!(古典的っ)
「モーツァルト!!」

音大聴講の「オペラ史」でオペラというものを初めてまともに吸収し、
別の授業でモーツァルトのオペラを集中的に取り上げた頃、
モーツァルトのソナタを弾いたら”ぶわーっとオペラが立ち上がった”のです。
あれも感動だった・・・。
その少し前にある先生がおっしゃった、
「モーツァルトの本業はオペラです。ピアノソナタは朝飯前!」に、妙に納得がいきました。

という訳で、タイミングが巡ってきたらショパン全開になりそうな予感です!
生徒さんとの会話が、素敵なきっかけとなりました(^^)!

・・・え?
えぇ、はい。そうですとも。
ガーデンコンサート前にショパンをちょろり弾いたりしていまいた。
・試験前の大掃除
・大掃除中のアルバム写真
の類いでございますとも!!

♪クリック↓で応援頂けましたら嬉しいです♪
登録しているランキングサイトのピアノカテゴリにリンクします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]

by shibukw | 2013-06-26 21:05 | 練習中&勉強中〜