東日本大震災 ピアノ教室楽器支援

東日本大震災で被災なさったピアノ教室を支援する活動を、
私が師事している先生がおこなっています。

1。一口5000円からの、楽器購入支援
(被災した楽器店で購入した楽器を被災された方へ支援します)

2。使っていない自宅の中古電子ピアノやキーボードを支援する

の2つの方法です。

詳細はこちら↓にて、ぜひご覧ください。
ブログ : http://musestown.livedoor.biz/
PDF  : http://www.terra.dti.ne.jp/~emikosan/gakkishien.pdf

ピアノが弾けるって、音楽を楽しめるって、
ほんとに幸せなことですね。

以前、音大で受けた授業(世界の民族音楽を学ぶ)で、
音楽で生計をたてられるのは、平和な国です、というようなことを
聞きました。
そのときは、「そうだな〜」くらいでしたが、
震災後、それをひしひしと感じます。

震災直後、なんと言うか、音楽が消えたように感じました。
演奏するのは、呑気で不謹慎ではないのか、というような。
ある音楽家が、「震災直後、音楽業界に
とりあえず自粛しておいた方が無難、というような空気があった。」
とラジオで言っているのを聞いたことがあります。
もちろん全ての人がそう思っていた訳ではないと思いますが。

音楽ができる幸せ、
生徒さんや自分の子供に、そういうことを伝えるのも大事だな、と改めて思います。
[PR]

by shibukw | 2011-09-13 16:24 | 東日本大震災楽器支援